From 1964 in SHONAN  CHIGASAKI

つるみね通り動物病院

肺癌 Lung cancer

 肺の疾患では咳、呼吸速拍、呼吸困難、チアノーゼ、吐血、運動不耐性といった症状が多く認められます。多くは乳腺腫瘍、骨肉腫といった癌の転移性病変ですが、原発性の場合もあります。この子は15歳の柴犬ですが、その日の午前中に急に呼吸が荒くなり、わきを抱えるとひどく痛がるとのことでした。胸部レントゲンから肺に腫瘍性病変が疑われ、病理組織検査を行ったところ肺癌と診断されました。他に病変がなく原発性の肺癌と考えられました。

レントゲン写真です
レントゲン写真です
病理組織写真です

戻 る