From 1964 in SHONAN  CHIGASAKI

つるみね通り動物病院

肛門の腫瘍 Anal Tumor

肛門の腫瘍は中高齢を迎えた未去勢のワンちゃんに多くみられます。男性ホルモンによる腫瘍の腫大化が知られており、去勢手術が治療の第一選択になります。この子は肛門周囲腺腫(Perianal gland adenoma)でした。

この後摘出手術となりました。

戻 る