From 1964 in SHONAN  CHIGASAKI

つるみね通り動物病院

猫の肥満細胞腫 Mast Cell Tumor

 猫の肥満細胞腫は犬と同様 、3大悪性腫瘍のひとつです。肥満の仔に特有ということではなく、肥満細胞という血液細胞が腫瘍化する疾患です。中高齢に多く猫では皮膚、脾臓、肝臓等に多く発生します。写真は猫の大腿部内側(うちもも)に発生した肥満細胞腫です。非常に小さな腫瘤でした 。

肥満細胞腫はあらゆる形態の皮膚腫瘤をつくります。

トルイジンブルー染色にて、肥満細胞特有の細胞質内顆粒が認められました。

戻 る