From 1964 in SHONAN  CHIGASAKI

つるみね通り動物病院

猫伝染性腹膜炎 

 

  猫伝染性腹膜炎ウィルス感染症(FIP)は、猫に致死的な疾患を引き起こす伝染病です。このウィルスの保有率はかなり多いとされていますが、その発症率は低く、飼い主さんの間でもあまりよく知られていません。症状は胸水や腹水を生じ腹膜炎を起こすタイプと、中枢神経系に炎症をきたし神経症状を起こすタイプがあります。いずれも特効的な治療法がなく致死的な運命をたどります。また無症状の妊娠猫の胎児に奇形、流産を起こすことも知られています。

腹水のため腹腔内臓器が判明しにくくなっています。

ぶどう膜炎から前眼部に炎症を生じています。

戻 る